日本製木のおもちゃはこちら
北海道産木のおもちゃ 知育カードゲームはこちら


おもちゃの選び方

おもちゃの選び方 (年齢別)


「子どもの健やかな成長を育ませてくれるおもちゃは?」
「失敗しないように選びたい」「長く遊べるが欲しい」とお考えではありませんか?

少し背伸びをしておもちゃを買ったら難しくて興味がわかなかったり、
簡単過ぎてもすぐに飽きてしまいますよね。

おもちゃ選びはお子さまの成長をよく見つめて選ぶことがとても大切です。
「おもちゃ選びは難しい」というお声もありますが、おもちゃの森sapporoでは、
そんなおもちゃ選びが楽しくなるお手伝い出来ればと思っております。








~0歳から6ヶ月頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


赤ちゃんのおもちゃ選び 生まれてまもない赤ちゃんのしぐさは、かわいいですよね。お母さんの指を触ったり、大きく口を開けたり、顔をじーと見たりとされると、ますます愛情がわきますが、このお父さんお母さんからの愛情の関わりこそが赤ちゃんにとっての遊びなのです。

たくさん五感を刺激させる豊かな遊び体験がチャレンジ精神を育む基礎になります。3ヶ月過ぎたころから、見たり、聞いたり、握ったりが少し上手になってきます。柔らかいおもちゃで顔などに当たっても危なくないおもちゃが良いですね。

遊び方はただ与えるだけでなく、例えば、少し離れたところから「とってごらん」など、よりチャレンジ精神を促す、赤ちゃんを退屈にさせない遊びの工夫が大事です。



◆この頃の遊び


*ゆっくりとした動きのおもちゃ
*メリー
*笑顔のついたおもちゃ
*ラトル ガラガラ など










~6ヶ月から1歳頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


0歳のおもちゃ選び 「見る」「手を動かす」という行動が盛んになり、赤ちゃんとのコミュニケーションがますます楽しくなってきます。

5本の指を独立して動かし、見て目標を定めてつかむ、押したり、引っ張りと目と手を連動させて遊べるようになります。

1歳近くになると、指差しが出来るようになり、ほしいものや目に入り込んでくるものをお母さんへ指や眼差しでメッセージを送るようになりますので、一方通行にならないように、より観察し遊んであげることが必要になります。



◆この頃の遊び


*布おもちゃ
*クーゲルバーン
*押して遊ぶ
*歯固め など









~1歳頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


1歳のおもちゃ選び 1歳児は乳幼児から幼児期に入る頃、遊びも変わり目の時期。歩けるようになり赤ちゃんから幼児に成長し、視野も広くなってきます。

小さなものがよく見え、遠くのものも見えるようになってきます。いつも一緒なことに安心を覚えて、同じことを繰り返しながら楽しみ学んでいく時期です。音楽やリズムに乗せて体を動かしたり、踊ったりと体も徐々に自由に動くようになってきます。

それぞれの個性も出てくる時期で、興味も次々と変わり、集中して遊ぶ事はまだ先です。見守りながらお子さまが好きな遊びを思いっきりさせてあげましょう。また、おもちゃの誤飲しそうなものは置かないよう注意が必要です。

おもちゃは音のなるおもちゃ・動きのあるおもちゃ・つみきなどのシンプルなものを基本に、積んだり、崩したり、転がしたり、投げてみたり遊んでみましょう。その時の音や物の重さ、質感などを覚えて学んでいきます。



1才後半になると、ものを探したり、見比べたりすることが出来るようになりなど、「触って確かめる」から「見て分かる」へ育っていきます。

また、歩行が安定してくると、動きはどんどん活発になり、目の離せない状態になりますが、いっぽうでは、指先の動きは細かくなり、 親指とひとさし指で小さなものをつまんだり、積み木をいくつかつむこともできるようになります。

手には約2万個の物を感じ取るセンサーがついており、そのすべては脳細胞と直結していることから、手は第2の脳といわれています。乳幼児から幼児期に入る頃、遊びも変わり目の時期ですから、手を動かす運動は脳を活性化させることになります。

特に「親指、人差し指、中指」、この3本が普段生活していく上でとても大切ですので、この3本がどう遊びにかかわれるかということも、おもちゃ選びのポイントにするのも良いです。 遊びながら、手の機能を育て、生活にも反映させていけると良いですね。


◆この頃の遊び


*積み木
*玉入れ
*プルトイ/プッシュトイ
*ハンマー遊び
*楽器(太鼓) など









~2歳頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


2歳のおもちゃ選び 何でもまねをするようになる時期で、まね遊びが盛んになります。お母さんのまねをしたいけど、うまくできないということもあるでしょう。その際は、解決してあげるのではなく、ヒントを与え考えさせる、自分でしたいという気持ちを育ませることが必要です。

遊びの中から、ルールや生活習慣を教え始める時期ですので、「お片付け」や「してはいけないこと」などもいっしょにお話ししてあげましょう。また、この時期から、自我も芽生え始めてきます。

おもちゃの取り合い、貸し借りの体験もたくさんしていくことになり、それら多くの体験から、自分と他の子どもとの違い、人それぞれ感情の違いがあるのを理解し、思いやりの気持ちを教えてもらうことになります。

思いがなかなか伝わらなかったり、物事ができないストレスで、なんでも「イヤ」という時期ですが、大きな気持ちで優しく見守ってあげることが良いと思います。おもちゃでストレス発散、気分転換してもらうのもおすすめです。



◆この頃の遊び


*汽車
*型はめ
*ごっこ遊び
*ハンマー遊び
*ペグさし遊び など









~3歳頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


3歳のおもちゃ選び 言葉の質がぐんと向上し、遊び方もまた大きな変化を迎えます。言葉の発達と同時に手先も発達してきますので、イメージした物を作ったりと表現する力もついてきます。

手を使った遊びと想像でする遊びが盛んになりますので、折り紙や積み木、お絵かきなど、より創造性を養える遊びが良いですね。

ごっこ遊びはこの時期の遊びとして今は男の子にも人気ですが、物語や配役を決めながら自由に自己の世界を作りあげていく、それとともに言葉も発し、会話の質も向上していきますので、とても良い遊びです。

目にするものをおもちゃに変化させ、いつでも自分の世界を広げていく時期ですので、与えるおもちゃはなるべく、自由自在に遊べるものが良いです。楽しく遊んでもらうには子どもの遊びたいようにさせてあげることが大切です。その中から、遊ぶ意欲と好奇心を引き出すことができるのです。



◆この頃の遊び


*おままごと
*積み木・ブロック・カプラ
*楽器(ギター・ドラム) など









~4歳頃のおもちゃの選び~


◆成長と遊びの関係


4歳のおもちゃ選び 運動能力がますます発達し、ブランコも高くこげたりと遊びもダイナミックになってきます。

自我や競争心が芽生えお友達とのケンカもおきますが、大人への階段のひとつであり、ルールを学ぶ時期です。大人との遊びもルールを理解しながら、できるようになりますので、カードゲームはおすすめ。

ゲームの中で「勝ったときの達成感」「負けた時の悔しい気持ち」を体験することで相手への思いやりや、人とのコミュニケーション力を育んでいきます。ゲームの中には、力の加減が難しいものや回す、ひねるなど手先を細かくするものもありますので、遊びの中から、普段の生活習慣に必要な動作が発達できれば良いですね。



◆この頃の遊び


*カードゲーム
*パズル
*ブロック・カプラ
*楽器(木琴)
*おままごと など









相談お待ちしてます


初節句祝いにおすすめ木のおもちゃ
木製鯉のぼりはこちら
木のおもちゃ|おもちゃの森札幌について

年齢別おもちゃの選び方

積み木

【特集】木製おままごとセット・ままごとキッチンまとめ 
木のおもちゃを個性で選ぶ 今一番興味をもっている遊びから探す

商品カテゴリ

おもちゃの遊び方で選ぶ

おもちゃのレンタル

出産祝い・誕生日プレゼント

おもちゃブランドから選ぶ

日本製で選ぶ

ファックスでの注文方法
おもちゃの森sapporoでよくあるご質問

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント出店

定休日とイベント出展日は、当日発送が出来ませんので、何卒ご了承くださいませ。
*お急ぎの場合は、別途ご連絡下さいませ。

スタッフ紹介

ページトップへ