日本製木のおもちゃはこちら
北海道産木のおもちゃ 知育カードゲームはこちら


1歳のおもちゃ選び

1歳の子どもがおもちゃに向かっている
1歳の子どもがよちよち歩き



1歳頃

1歳児は乳幼児から幼児期に入る頃、遊びも変わり目の時期
歩けるようになり赤ちゃんから幼児に変化する時期で、視野も広くなってきます。

小さなものがよく見え、遠くのものも見えるようになってきます。
いつも一緒なことに安心を覚えて、同じことを繰り返しながら楽しみ
学んでいく時期です。

音楽やリズムに乗せて体を動かしたり、踊ったりと体も徐々に自由に
動くようになってきます。

それぞれの個性が出てくる時期で、興味も次々と変わり集中して遊ぶ事はまだ先です。
見守りながらお子さまが好きな遊びを思いっきりさせてあげましょう。
注意すべきは、おもちゃの誤飲しそうなものは置かないこと。

良いおもちゃは音のなるおもちゃ・動きのあるおもちゃ・つみきなどのシンプルなものを基本に、
積んだり、崩したり、転がしたり、投げてみたり遊んでみましょう。
その時の音や物の重さ、質感などを覚えて学んでいきます。



1歳のおもちゃにおすすめなプルトイ

1才後半になると、ものを探したり、見比べたりすることが出来るようになりなど、「触って確かめる」から「見て分かる」へ育っていきます。

また、歩行が安定してくると、動きはどんどん活発になり、
目の離せない状態になりますが、いっぽうでは、指先の動きは細かくなり、
親指とひとさし指で小さなものをつまんだり、積み木をいくつかつむことも
できるようになります。

手には約2万個の物を感じ取るセンサーがついており、そのすべては脳細胞と直結していることから、手は第2の脳といわれています。

乳幼児から幼児期に入る頃、遊びも変わり目の時期ですから、手を動かす運動は脳を活性化させることになります。
特に「親指、人差し指、中指」、この3本が普段生活していくうえでとても大切ですので、この3本がどう遊びにかかわれるかということも、おもちゃ選びのポイントにするのも良いです。

遊びながら、手の機能を育て、生活にも反映させていけると良いですね。




表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示
年齢別おもちゃの選び方

積み木の選び方

【特集】木製おままごとセット・ままごとキッチンまとめ 
木のおもちゃを個性で選ぶ 今一番興味をもっている遊びから探す

商品カテゴリ

おもちゃの遊び方で選ぶ

おもちゃのレンタル

出産祝い・誕生日プレゼント

おもちゃブランドから選ぶ

日本製で選ぶ

ファックスでの注文方法
おもちゃの森sapporoでよくあるご質問

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント出店

定休日とイベント出展日は、当日発送が出来ませんので、何卒ご了承くださいませ。
*お急ぎの場合は、別途ご連絡下さいませ。

スタッフ紹介

ページトップへ